本当の健康・安心を求める方にカリカセラピなどの
本物商品を通信販売・お取り寄せ

Amazon Pay
楽天ID決済

 

2010/06/26 ぼったくり

阿部隆です。

「あっ!しまった」

ビデオの返却を忘れていました。

ゲオでは 『旧作は一週間で100円』 というキャンペーンをやっています。

娘が水ぼうそうにかかり、意外と元気なのに幼稚園を休まなければなりません。

エネルギーを持て余していたので、今回は4本も借りてあげていました。

1週間4本のビデオを借りて400円ですから安いですよね。

しかし、『安物買いの銭失い』の言葉通りになってしまいました。

期限切れの次の日の夜、会社から帰って急いで返しに行きました。

「1日過ぎただけでも、最初にかかった400円くらいは取られるかもしれないなー。

無駄なことしたな」と思いながら返却しました。

甘かったです。

なんと、「960円です。」と若い女性の店員さんが平然と言うではありませんか。

1週間で400円で借りたビデオが、1日過ぎただけで960円ですよ。

詐欺みたいなものですよね。

私が約束通りに返さなかったのだから仕方ないのですが、なんとなく気分が悪いです。

不景気で競争激化。

会社は商品を安く見せてお客に買わせ、解らないところで儲けようとしているところが多いのかもしれません。

今回の失敗は事業をやっていく上での良い教訓だと思うことにしました。

だってそうですよね。そんな店で二度と買わないですよね。

2010/06/21 正直経営

阿部隆です。

近所のOKストアーにたまに買い物に行きます。

昨日の日曜日は車で出かけていたのでそのまま寄ることになりました。

行ってみると、駐車場に入るために環七に行列しているではありませんか。

果物を少々買おうとしただけなのでがっかりしました。

「まいったなー!」

それにしてもすごい人気です。最近は光が丘などに休日に行っても人が少なくて、

「今日は平日だったかなー」と思ってしまうほどです。

どうやら、お客様に支持されているお店と、そうでないお店とで、二極化がはっきりしてきたように感じます。

OKストアーは正直経営をモットーにしている会社です。

偽装表示など、企業のいろいろな問題が取りざたされる昨今ですが、

お客様に信頼されるお店(企業)のみしか生き残れない世の中になって行くのではないでしょうか?

2010/06/12 心理カウンセラー

阿部隆です。

日本メンタルヘルス協会の心理カウンセラー体験講座を受講してきました。

本講座を受講したいのですが、暫くはどうしても時間が取れそうもありません。諦めました。

しかし、体験講座とはいえ衛藤先生の直接の講座だったのでよかったです。

以前から尊敬している方なのでお話を聞けるだけでもラッキーだと思っていました。

数年前に講演を聴いた時も良かったのですが、今回はかなりバージョンアップした感じです。

感動しました。泣いている人もたくさんいます。

衛藤さんは有名な心理学者です。

十年位前に竹之内豊さんが演じてドラマ化もされた人です。

以前にも聞いた話ですが、衛藤さんが「なぜ心理学者になったのか」という話が大好きです。

彼は子供のころ、大好きな母親に服毒自殺された経験を持ちます。

そのことで、親戚から「おまえの母親は犬死にだ!」と言われ、強いショックを受けます。

おかあさんの存在を無意味なものにしたくない一心で心理学者を目指したそうです。

とにかく感動するし、勉強になります。

一度体験講座を受けてみてください。

2010/06/02 これって家庭科や化学?

阿部剛久です。

朝、三男のまもるが鼻血を出していました。

なぜかわかりませんが、僕も子供の頃の朝、敷布が鼻血まみれだった記憶があります。

ママが鼻血を止めたりしているうちに、パジャマにも鼻血が付いていたので、

早く水に付けようとバケツにEMを入れ、

「あっ、お湯の方が落ちるだろうな」

と勝手に思い、熱すぎるとは思いながらパジャマをつけました。

すると想像ではみるみる水に血が溶けていくと思っていたのですが、様子が違います。

パジャマから血が「離れませんよ!」と言っている雰囲気です。

「あっ、これはもしかしたらお湯がまずいのかも」と急いでパジャマをゴシゴシと洗いました。

血を落としてそのままバケツにつけてその場を離れると、ママの

「あっ、お湯だめだよ!」

と大声が聞こえます。

「知らないと平気でこんなことしちゃうんだよね。」

と言うママと

「血がお湯で固まりそうな雰囲気を察してすぐにゴシゴシ洗った俺の判断と観察力すごくない!」

と言う僕に、その時かなりの温度差はあったと思います。

前回の続きですけど、またまた微生物が教えてくれました。

まぁ、微生物が教えてくれる以前に、家庭科や化学の授業をちゃんと聞いていれば

何の問題も無かったんですが・・。 

「授業の内容をもっと実生活に結び付けてやってくれればいいのに・・。」 

また人のせいにしています。

2010/05/30 同じ町並み

阿部隆です。

「好きな事は何ですか?」と質問されると、「旅行です!」と答える人が多いですね。

私も大好きです。

「なぜ好きなのだろう!」と考えます。

「別世界体験をしたい」というのがあると思います。

あるコンサルタントの話ですが、出張で九州のある町に着くと、

そこは東京の自分が住んでいる町とそっくりだったそうです。

「愕然とした!」と言っています。

その気持ち良く解ります。

何でもお店がチェーン化して、どこに行っても同じ店が出てきます。

それがどんどん進めば、最終的にはどこの町も同じような町並みになってしまいます。

旅行しても、別世界体験できないですよね。

このまま行ったら旅行の楽しみも半減してしまいます。

こんな時代になって初めて個性の大切さを感じます。

2010/05/28 微生物とヒレカツ弁当

阿部剛久です。

酒蔵の寺田本家の当主が書いた本『発酵道』を読みました。

僕は、まったくお酒を飲めないのですが、さっそく玄米酒の『むすひ』を買い、

毎日ちょびちょび飲んでいます。

腸の調子が良い気がします。

良いというか微生物が動いてるなって感じです。

朝のトイレも快腸です。

今朝もトイレの中で「今朝も快腸!」と思いながら「あれ、昨日の昼、何食べたっけかな?」

ヒレカツ弁当です。

けっこう信用がおけそうな良い弁当やさんなので、お腹の調子が悪くなったことは無いのですが

「ヒレカツを食べたのに快腸だな」と思っているうちに

「あっ、昨日の弁当代を隆ちゃんに払ってないや」と思い出しました。

EM(有用微生物)の開発者の比嘉照夫さんが

「EMを空気や水のごとく使うEM生活をしてくれれば、微生物がいろいろ教えてくれます」って言っていました。

まさに、微生物が「ヒレカツ弁当代を払ってないよ」って教えてくれた感じです。

腸の調子が良いっていいですね。

それと、『むすひ』良い感じですよ。

発酵してる、生きてるって感じで「酒は百薬の長」って予感がします。

『むすひ』を飲み終わったら純米酒『五人娘』をいただこうと思います。

2010/05/22 風水で感じたこと

阿部隆です。

うちは建築関係の仕事なので『風水』の話がよく出ます。

お客様がリフォーム工事をやりたかったのに中止になる場合があるのです。

お客様が風水の先生に「今年工事をやったら大変なことになりますよ!」と脅かされたりします。

船井会長は「占い師などで脅かすようなことを言う人間はたいした占い師ではない!」とおっしゃいます。

風水のことはあまりよく解らないのですが、いろいろな先生のお話を聞いていて感じたことがあります。

『物』にしても『人』にしてもすべてについて言えるのですが、それを最大限に生かすことが

運気を良くすることではないでしょうか?

例えば、『掃除をする』というのがありますが、汚くしていたらその物が輝いていないということです。

生かされているとは言えません。

『壊れたままにしておく』のもいけないそうです。

壊れたままでは当然生かされていないですよね。

人の集まる組織でもそうです。

一人一人の良い所を皆が解っていてそれぞれ輝き、生かされていたら

運気が悪くなりようがないような気がします。

『物』も『人』も最大限に生かす。

そうすれば運気は良くなる。

シンプルでいいと思いませんか?

皆さんはどうお考えですか?

2010/05/16  『アリス・イン・ワンダーランド』

阿部剛久です。

『アリス・イン・ワンダーランド』を見てきました。

好奇心、冒険心が旺盛だった7歳の「不思議な国のアリス」から13年。

色々な人間関係、体裁、社会環境から「自分らしさ」を無くしていたアリス。

またまた、あの不思議な国へ入り込んでしまう事に。

再び、いかれ帽子屋やチシャネコ、葉巻のイモムシ などと出会い冒険していくうちに

自分らしさを無くしていた事に気が付きます。

最後に自分らしさを取り戻したアリスのカッコ良さ!

私たちは、他人の目や人間関係、社会環境などを気にするあまり「自分らしさ」を

無くしてしまっている事は無いでしょうか?

「自分らしく」生きている人ってカッコ良く見えますよね。

この映画を見て勉強している「ライフカラーカウンセリング」にも大変勉強になりました。

2010/05/14 ピカピカの一年生

阿部剛久です。

朝、次男が一生懸命に歯磨きと顔を洗っていました。

後ろからそれを眺めていたら妙にかわいいんですね。

うちの子供たちって歯磨き、顔洗いを幼稚園の頃はしてくれません。

小学校に行くとちゃんと歯磨きをしだします。

小さいながらも環境の変化に一生懸命に合わせようとしていると言うか、

それなりに学校へ行く緊張をしてると言うか・・。

「がんばれ!」って言いたくなります。

こんなつまらない事でいちいち感動してたらきりが無いですね。

先日、この次男が妙にニコニコしていました。

うれしくてしょうがない顔をしています。

どうしたの?と聞くと

「僕、友達できた」

僕もすごくうれしかったです。

どうしてでしょう? 

友達ができたと言う事が私もうれしくてしょうがありません。

これから長い人生を生きていくうえで絶対に必要な対話、対人能力。

それでなのか?そんな難しい問題は関係なく、自分の子供の頃を思い出して

とにかく友達が出来た時がすごくうれしかったのを思い出したからだと思います。

新しい友達!うれしいんですよね。

2010/05/11 おもいっきり焼いも

阿部剛久です。

おもいっきり焚火で焼イモをやってきました。

ゴールデンウィークに妻の実家の栃木県足利に行きました。

近くの川原の土手に行き、持って行った木と落ち葉におもいっきり火を点けちゃいました。

次女と次男、三男と今度は奥さんも一緒に。

焼イモが焼きあがる頃、お母さんがお弁当を持ってきてくれて
お弁当と焼イモを

気持ちの良い川原で食べる事が出来ました。

近くでバーベキューをやっている家族がいましたが、なんかウチの焼イモの方が良い感じです。

季節はずれですがおもいっきり焚火で焼イモが出来て満足です。

「今度は飯盒炊爨(はんごうすいさん)でもやろうか」なんて調子に乗っています。

2010/05/10 3回目のビューティーヘルスエンザイムを使ったプチ断食

阿部剛久です。

3回目のプチ断食(一日断食、一日復食)をやりました。

2回目から一週間後の今回の断食、違いは頭痛があまりありませんでした。

しかし、お腹が空く!

「一日断食なんかこんなもの」という慣れが出てしまったからか、ビューティーヘルスエンザイム

(酵素ドリンク)を飲んでも空腹感があまり無くなりませんでした。

ドリンクをだらだら、ちょこちょこ飲み過ぎたのかもしれません。

でも、まあ二日間無事終了し、3回目のプチ断食も終りました。

しかし、今度は次の日の午後辺りに急に喉が痛くなり、ごまかしごまかし2、3日

仕事をしていたのですが、やはり少し熱を出してしまいました。

強烈な喉の痛みと鼻と咳・・。

この所の気候の不安定さと断食で免疫力が落ちている所にウィルスが入ってしまったのでしょう。

本当は断食によって免疫力もあげなければならないのでしょうが・・。

なかなかうまくいかないものです。

結局、またまたカリカセラピの助けをかりることになりました。

(カリカセラピよ、申し訳ない、こんな時ばかり・・。立場上いつも色々ためさなければならないので。)

断食前に「俺って、もう風邪とかひかない体になったかもしれない!」と調子に乗っていたからかもしれません。

病気になると「自分は何者でもない」と「健康の有難さ」を痛感します。

ゴールデンウィークは最低限の家族サービスはなんとか出来たと思いますが、

いつも思う「元気ハツラツ」のゴールデンウィークとはまだまだ程遠いようです・・。

2010/05/04 木材乾燥装置「愛工房」見学

阿部剛久です。

船井幸雄さんが「知っておいていただきたい本当の情報」として船井メディアから発行している

「月刊ザ・フナイ」という雑誌があります。

2月号の「森」特集に、伊藤好則さんの「愛工房」の記事が載っていました。

同じ建築業界(うちは極零細企業ですが)に居ながら、こんな木材乾燥装置や

木材にとって本当に良い乾燥のことは知りませんでした。

しかも会社が隣の板橋区にあるなんて。

さっそく、無理を言い、会社の4人で「愛工房」を見学、体験させていただくことになりました。

伊藤さんは日本の杉を本当に愛しています。

そして、日本の山や森林、産業の事まで本当に気にかけています。

「愛工房」で乾燥された伊藤さん自慢の「杉」。

さわっているだけで気持ちがいいです。

伊藤さんが言っていました、「杉の気持ちになって考えればいい。」と。

そうですね、相手の気持ちになって考えたり、その物の気持ちになって考えてみる。

迷ったり、壁にぶち当たった時は、そうしてみれば打開策や良い案が出てくるかもしれませんね。

日本の宝の杉の事と、良い方法の探し方をおそわって帰ってきました。

2010/05/01 感謝の気持ち

阿部隆です。

『感謝の気持ち』が沸き起こっている時のエネルギーを感じたことはありますか?

私は最近、このエネルギーを感じることが多くなってきたような気がします。

「多くなってきた!」と言っても他の人と比べて多いのか少ないのかは解りません。

自分自身が昔と比べて多くなってきたように感じるということです。

このエネルギーを感じる時は、何か胸のあたりが温かく感じます。

普段、「嫌だなー!」と感じる仕事も苦になりません。

少し位嫌なことを言われても頭に来ません。

何よりも自分自身の気分がすごく良いのです。

「このままずっと、このエネルギーを感じていたいなー!」と思うのですが、なかなかそうは行きません。

世界中の人の心にこの『感謝のエネルギー』が沸き起こっていたら

戦争など起こるはずがないし、世の中が良くならない訳はありません。

今生きている上で感謝すべきことは山のようにあると思います。

日常ではそれを忘れがちです。

一つ一つそれを意識して行くことが大切なのかもしれませんね。

2010/04/28 プチ断食 2回目

阿部剛久 です。

月曜に一日断食、火曜に復食とまたまたプチ断食をしました。

前に復食の時にとる食事(添加物の無い物)が難しいと書きました。

見つけました!原アカデミー(原久子さん)の野菜スープ。

「よし、これで気軽に断食ができる」と思い立って3日断食、3日復食をしようかなと思ったのですが。

「いや待てよ、水曜は誕生日ではないか!」

また、今回に限って次男が「ケーキでパパの誕生日をお祝いする」なんて言ってくれるんですよ。

たしか去年は何事もなく過ぎていったと思うんです。

本当は僕の誕生日がどうのではなくて

「うちは、7人家族だからクリスマスを入れると1年に8回もケーキが食べられるんだ。」

なんて誰かが言ったんです。

まぁ、僕もケーキには目が無いもんで・・。

と言う事で、今回もまたまたプチになりました。

断食の方は酵素ドリンク(ビューティヘルスエンザイム)のおかげか、やはり楽でした。

ただ今回の方が頭痛がひどかったです。

それと、少し元気がなくなりました。

やっぱり食べる楽しみが無いっていうのは元気もなくなりますね。

良い点は、だいぶ「出た」ような気がします(すいません)。

心配なのは、添加物(アミノ酸等って書いてあるやつ)の味が口に残ってしょうがない。

このままでは食べる物が無くなっちゃいそうで。

来週もやってみます。

まめにやれば頭痛もしないか、 元気も無くならないか。

2010/05/15 感謝の気持ちパート

阿部隆です。

浅間山荘事件で指揮官を勤めた佐々淳行さんが話されていたのを思い出しました。

 指揮官としての危機管理についてです。

 「最悪の事態を想定しておきなさい。」

 物事に立ち向かう時、起こるであろう最悪の事態を想定しておけば

 実際の場面では最悪の事態になる確率は少ない。

 すると、最悪の事態を想像していたので案外楽に対処できる。

というような意味だと思います。

『感謝』について考えていたら何か似ているような気がしたのです。

人は生きていく上で最悪の事態を想定していたらほとんどの事が起きていないと思います。

10個の悪い事態を想定していたとしたら少なくとも9個は無事に通り過ぎているのではないでしょうか?

例えば、明日起きたら目が見えないかもしれない。

明日目が覚めたら歩けないかもしれない。

極端なことを言うと明日目が覚めないかもしれないのです。

ほとんどの最悪の事態は免れているのです。

それなのにちょっと何かあると「何と自分はついていないのだろう!」とか

「何で自分だけこんな目に会うのだろう!」などと不満に思ってしまいます。

感謝のかけらありません。

神様からみれば、多くの悪い事態を防いであげているのに、少しの事で文句を言われたら、

その人を幸せしてあげたいと思いませんよね。

解っていてもどうしても『感謝』不足になってしまいますよね。

どれだけ感謝できるようになるかがこの世の修行なのかもしれませんね。

2010/04/24 ランチ

阿部隆です。

新江古田の『和み亭』によく行きます。

価格分の価値は一番だと私は思っています。他の人はしりませんが。

今日も2人でお昼を食べに行きました。

顔を覚えてくれている人が多く、いつも感じよく迎えてくれるのですが、この日は知らない顔です。

狭い席に案内されてしまいました。

「2人だから仕方ないか?」とまだ笑顔です。

2人で同じランチを注文しました。

注文してからしばらくして、料理が運ばれて来ないことに気付き、

「今日は時間がかかるなー。」

朝食だけ抜いてエンザイムだけ飲むというプチ断食をやっているのでお腹がすいています。

そんな事を言っているうちにまず一人分の料理が運ばれてきました。

「よかった!」 とホッとしながら、

「もう一つは今すぐお持ちします。」と言う言葉を待っていたのですが

何も言わずに行ってしまいました。

「ま、すぐに持って来てくれるだろう。」と思っていたら、同じ店員が料理を持ってこちらに向かってきます。

「よかった!」

しかし、目の前まで来て通路を曲がって行ってしまったのです。

「まさか!」と思い、差し込まれた伝票を抜き取ってみました。

なんと、ランチが2ではなく、と書いてあるではありませんか。

2人で座っているのにですよ。

心の中が煮えくり返ってしまいました。

人間が小さいのでこんな小さな事で腹を立ててしまいます。

帰りに、「申し訳ありませんでした。」と言ってドリンク券をくれました。

お腹が減ると人は弱いですね。

2010/04/15 スーパーマンになる法則

阿部剛久です。

僕らが勉強をしたライフカラートレーナーの講座に「夢を叶える10の法則」というのがあります。

それぞれ自分を見直したり、自分力(向上心)を付けたり、行動力や忍耐力(継続力)をつけるのに

役に立つのですが、最近、その中で特に気になる法則、必要だなと思う法則があります。

「スーパーマンになる法則」

スーパーマン(カッコいい人間)とは、多くの方に尊敬され、信頼され、頼られ、感謝される人間のこと。

自分は無理だと諦めないで、少し意識すれば誰でも「スーパーマン」になれるそうなのです。

例えば、

  「役者」で、「今日は優しい人」や「今日はさびしい人」などを演じる。

  「易者」になったつもりで相手を心の目でよく観てあげる。

  「医者」になったつもりで相手の話をとにかく聞いてあげる。

  「芸者」になったつもりで相手の良い所だけをほめてあげる。

  「学者」になったつもりで相手が好きなものをとことん研究してみる。

僕らがやっていることでは「テニス」。

そのテニスをやる時には一心不乱にラケットを振る、ボールを追う、がむしゃらに楽しむ、そして考える。

お客さんと対峙する時はその方の事を本気で考える。

などのように、その時、その時、一瞬、一瞬を全力で生きる。

自分はスーパーマンだと思い込む。

たしかに、何時でもスーパーマンになりきれれば、後悔することもなく前向きに生きていけるかもしれませんね。

2010/04/20 焼いも焼いちゃいました

阿部剛久 です。

「焼いも」焼いちゃいました。焚き火で。

前から庭の木を切ったものをそのまま捨てるのが嫌だなって思ってそのまま取っておいたんですね。

「いつか焼いもやりたいな」と思っていると、スーパーアコレの前を通ると

サツマイモが並んでいるんですよ。買って欲しそうに・・。

家で落ち葉などを燃しちゃいけないのは知っていますが、「少しくらい良いだろ」と

焚き火をしちゃいました。

途中、長男が出てきて、『パパ!ママが「警察や消防署が来ても知らん振りするよ、

他人の振りするからね。」だって。』と言いに来たんだけど、木や落ち葉が燃えているのを見たら

一緒に楽しんでました。

「そう言うのをミイラ取りがミイラって言うんだよ。」って教えながら。

コソコソやってたから生焼けでシャキシャキした所もあったけど、ほくほくの焼いもはおいしいですね。

堂々と落ち葉で焼いもができればいいのに・・。

2010/03/29 長女の成長

阿部剛久です。

「パパって出掛ける前にいつも掃除を始めるよね。」と長女が言ってきました。

春休みになったので妻の実家に子供達を連れて行くことになりました。

長女が留守番と言う事と、留守の間家に何事もないようにとの思いもあって、

出掛ける前にどうしても【EM(イーエム)】を散布したくなりました。

散布しながら気になる所をちょっと掃除もしていました。

すると長女がそう言ってきたんです。

そう言えばそうかもしれないな、と思いました。

「そんなことを気付いたんだ。」とびっくりしました。

やはり今回の高校受験などを経験して、ライフカラーカウンセリングで言う

『大人心』が成長したようです。

周りを見る力が多少付いたんでしょうね。

2010/04/14 変革期

阿部隆です。

時代の変革期と言われています。

確かに常識と言われていた事が変わってきたよう気がします。

その内の一つとして『女性の時代』というのがあります。

女性のリーダーが多くなってきましたね。

身近で感じることは元気の良い女性が多いという事です。

良いか悪いかは別として、元気が良い人は皆女性というくらい元気の良い女性が目立ちます。

太っていて、常識的には不健康なのですが、どうも病気などで倒れるようには

とても感じられない人もいます。

娘が幼稚園に通い始めました。

幼稚園では初めて親と離れるのでどうしても泣く子が多く、送迎バスも遅れるようです。

泣くのも自己表現なので悪いことではないそうですが、不思議なことに泣いている子は

ほとんどが男の子なのだそうです。

これが世の中にどのように影響してゆくのかは解りませんが、一つの変化としては見逃せません。

2010/04/12 くちゃくちゃのトランプ

阿部剛久です。

「トランプを折っちゃだめ!」っておこられませんでした?

子供達が春休みに田舎に遊びに行って来ました。

田舎のおじさんにトランプのゲームをいろいろと教えてもらったらしく、家に帰ってきても

トランプにはまっています。

4歳の末っ子も一緒にやっています。

負けたり興奮するとすぐにトランプを折ってしまったり握ってしまうんです。

ちなみに家のは紙の「伊東家の食卓」のトランプです。

当然「ババ抜き」や「神経衰弱」をやるとわかってしまうんですね。

特に「ババ」は来た時に喜んだり、くやしんだりするから折れが激しいんです。

でも子供ってすごいですね、ずっとトランプばかりやっているから殆どのトランプが

くちゃくちゃになってきました。

「神経衰弱」でもエースかババかわからなくなってきました。

僕が小さい頃のトランプはプラスチックでした。

兄貴達によく怒られました。「トランプに傷が付くから曲げるなよ!」と。

今、4歳の子は兄、姉にあまりおこられていません。

僕が一番言っています。「トランプを折っちゃだめ」と。

でもなかなか良いですよ、くちゃくちゃの紙のトランプ。

2009/04/10 怪物くん

阿部隆です。

『怪物くん』 って知ってますか?

藤子不二男さんの40年くらい前の人気漫画です。

当時、小学校の1〜2年生だった私は、兄が買ってきた雑誌で『怪物くん』を読むのが楽しみでした。

確か少年画報とかいう雑誌だと思います。

近々、ドラマとして放送されるようで話題になっています。

怪物ランドの王子が人間界に修行に来て、人間の男の子と仲良くなり、

いろいろな物語が繰り広げられて行くというストーリーです。

私はとにかく『怪物くん』が大好きで、48歳だというのに今でも「再放送しないかな!」 と願っています。

怪物大王の息子ということで他のモンスターに甘やかされていてワガママなんです。

しかし、小さくて可愛らしいくせに豪快な強さを持っていることに感動してしまいます。

スケールの大きな優しさと強さの両方を兼ね備えたリーダーが求められているのではないかと思います。

なぜ、今『怪物くん』が話題になるのかも同じではないでしょうか?

2009/03/27 何が起きるか解らない

阿部隆です。

3歳の娘とお風呂に入っている時のことです。

「もう出る!」

娘の脇を抱え浴槽の外に下ろそうとしました。

ところが浴槽の渕をなかなか越えてくれません。

「背が伸びて足が引っかかっているのかな?」と思いました。

そうではありません。

最近、いたずらを覚えてきた娘が浴槽の渕に足でつっかえ棒をしているのです。

浴槽の底は滑るので、前に重心がかかっている私の足は滑る寸前です。

何とか娘の足を外そうとしたのですが、結構力があって外れません。

娘の脇を抱えて両手をふさがれた私は、娘を抱えたまま前のめりにひっくり返ってしまいました。

倒れる瞬間にできるだけ娘をかばったのですが、スゴイ音がしたのでどこかぶつけていないか心配でした。

「大丈夫?」と聞くと、怒られると思ってなのか裸のまま逃げていってしまいました。

起き上がると、「ゴー!」っとすごい排水の音がしていました。

倒れる瞬間にお風呂の栓が抜けてしまったのだろうと思ったのですが、見てみると

栓は抜けていません。

「あっ!」

浴槽が50センチ位に渡り避けているではないですか。

排水の音はそこから流れ出る水の音でした。

倒れる瞬間にそのまま倒れたら娘をけがさせてしまうので、後ろの浴槽の壁を強く蹴ったようです。

人間の瞬間の集中力というのはすごいですね。

空手の達人のような後ろ蹴りをしてしまうのですから。

お湯の抜けた浴槽は、私の足からの出血で赤く染められていました。

修理代は高くついたのですが、娘が無事だったので不幸中の幸いです。

しかし、人生というのは何が起きるのか予測不能ですね。

2010/03/25 夜更かし

阿部剛久です。

先週末に「朝まで巨人の星!」とケーブルテレビの番組表に載っていたのに目が行き

誘惑に負けて朝まで巨人の星(劇場版)を見てしまいました。

連休だったので「今日くらい良いか!」と、読みたい本などが山積みしているのに・・

と思いながら。

翌日はスーパーレイトショー(夜1時から)でABBAの曲を使ったミュージカル映画

『マンマ・ミーア』を観に行ってしまいました。

割引券があって500円と言うこともあったのですが、家の奥さんがABBAの曲が大好きなので

子供が寝てからのこのこと出掛けてしまいました。

最近は夜更かしなんて全然していません。

と言うより出来なくなっています。

次の日の体調を考えると、夜更かししてでもやりたい、見たいというものが無くなったと言うか。

でも巨人の星と久々のオールナイト映画のワクワクさなんてのに負けてしまいました。

巨人の星の哲学に感動したし、マンマ・ミーアの明るさに元気をもらいました。

二日も続けて夜更かししたのと、3月からテニスも始まり、そして春のこの気候の変動(気温差)とで

普通ならくたくた、へろへろになりそうなのに、不思議なくらい全然元気です。

3/12からエゾウコギエキスの【ココラックス】を飲んでいます。

もしかしたらそのおかげかな・・。

でもやっぱり「ちゃんと寝る時は寝て休む時は休む」ことはしないとだめですよね。

ちなみに、家の奥さんがABBAの曲が好きなのは、中学生の時の創作ダンス大会で

「ダンシングクイーン」を踊ったからだそうです。

若き日の楽しい思い出には勝てないですよね。

2010/03/20 難しい年頃と大人気ない自分

阿部剛久です。

またまた子供との事です。

メインの所で見ているテレビが壊れてしまい、小さいテレビを持ってきました。

そこまでは良かったのですが、壊れた大きい(ちょっとだけ)テレビを

どこに置いておくかを考えていました。

僕が「片付けてここに置こうか」「こっちの方が邪魔にならないか」と言うたびに

次女がもんくを言います。

何が問題だとかではなく、ただもんくを言うもんだから

「じゃあ、お前が責任をもって考えろ!自分で移動もしろ!」とまたまた大人気なく怒鳴ってしまいました。

ただでさえ微妙な12さいの女の子に・・。

あとの祭りです・・。 もうしゃべってくれません。

先日、会社の近くの公園で友達たちと遊んでいる次女を見かけました。

1、2年前だったら会社の近くで遊んでいたら友達と会社に寄ってくれていました。

もうそんなことは2度と無いんでしょうね・・。

ただ救いなのが、見かけた時に「プッ」とクラクションを鳴らすとちょっと照れ笑いをしてくれました。

2010/03/17 そろそろプチ断食

阿部剛久です。

毎月一回プチ断食をしようと思っています。

初めての先月の断食の時は全然楽でした。

ビューティーエンザイムを飲んでいるので体にも無理なくできたと思います。

しかし!なかなか今月の断食決行の勇気が出ません。

プチなんですけどね。

僕としては断食をしていないのにビューティーエンザイムを飲みたくなるくらいに

好きなんですが、やはり大好きな食事を取れないと言う事と復食時の食べ物に

気を使うのがちょっと面倒なんですよね。

そう、今は何でも何時でも食べる事に困らないけど、体に優しい物や良い物は

そう簡単には食べられないと言うことを思い知らされます。

2010/03/08 子供とお風呂で

阿部剛久です。

 「パパはママとなんで結婚できたの?」って9歳の長男に訊かれました。

どうもこの子は僕が前にママに暴力を振るったのを根に持っていて、「暴力を振るうような人が

なんでママと結婚出来たんだろう」と思っているようでした。

暴力を振るったと言っても首を押さえ込んだだけなんですが・・。(まあ、それでもだめでしょうが)

その暴力の話はまた今度にして、問題は、いつもパパ、パパと慕ってくれているのに

「暴力を振るう人」と思われていて「ママと釣合いが取れない」と思われていたこと・・。

「じゃあ、パパは○○達に虐待をするかもしれないと思っている?」と冗談交じりに訊いてみました。

「え〜、うん」

まさかの答えでした・・。

だんだん私は本気になってきてしまい

「虐待をするかもしれないお父さんと一緒に住んでない方がいいな、縁を切るか。」

「なんでそうなるの?」長男

「だって、そんなパパと一緒に居ない方がいいだろ。

パパだってそんなふうに思われてるなら一緒に居たくないよ。」

長男はだまってしまい、ちょっと過呼吸気味になってしまいました。

この時は自分もまだ冷静じゃなかったのでそのままお風呂を出ましたが、次の日の朝までずっと

「あんなに追い詰めてひどいことを言ったな」と落ち込みました。

メモで「あんなこと言ってごめんなさい」と渡したら

ニコニコ元気よく「行って来ま〜す!」と出掛けて行ってくれました。

「もしかしたら心に傷を残してしまったかもしれないな・・」とこれを書きながらまた落ち込んでいます。

2010/03/06 善玉菌

阿部隆です。

私達の体にはおよそ100兆個の腸内細菌が共存共栄しています。

便はそのほとんどが食べ物のかすだと思われていますが、食べ物のかすは半分以下で、

大部分は腸内細菌の死骸だと言われています。

それだけ多くの腸内細菌が私達と共存しているのです。

その内訳はおよそ、

善玉菌日和見菌(中性菌) : 悪玉菌

が人の体にとって良い状態だと言われています。

この割合であれば日和見菌も善玉菌の仲間になり、悪玉菌も悪さができません。

しかし、悪玉菌が15%を超えてくると、腸内で腐敗が起こり、有害物質を生成します。

発癌物質までもが生成されてしまう可能性もでてきます。

悪いことに日和見菌も裏切って悪さをし出してしまうのです。

善玉菌が優勢であることの大切さがお解かりいただけたと思うのですが、

善玉菌には次のような働きがあります。

酸を出すことによって腸の蠕動運動を促し、消化、吸収、排泄を円滑にする。

発癌物質や有害物質を分解し、ビタミンやホルモンなども合成します。

人間にとって有毒なものを必要な栄養素に替えてしまうのです。

そんなにすばらしい腸内細菌なのですが現状はどうかと言うと、

腸内細菌は人間の敵としか考えられていないようです。

ほとんどの野菜に使われている農薬化学肥料

ほとんどの市販されている食品に使われている添加物

医療でやたらに使われている抗生剤・・・・・・

これらは皆私達にとって大切な腸内細菌を痛めつけるものです。

今、予防医学でもっとも言われていることは『腸内環境を良くする』 ということです。

腸内環境を良くするということは善玉菌を多くするということなのです。

繊維を含む野菜でなるべく農薬を使っていないものを食べる。

市販されている食品には添加物が入っているので、なるべく自分で作って食べる。

なるべくは飲まない。

といったことが大切ではないでしょうか。

2010/02/27 大切な腸

阿部隆です。

数年前にノロウィルスが流行しました。

当時当社に勤めていた女性が、自分の子供から感染してノロウィルスに罹ってしまいました。

吐いたり、下痢をしたりで大変な様子でした。

結局、家族全員が感染してしまったようです。

最後に感染した彼女のお母さんは病院でもらってきた下痢止めを飲んだそうです。すると、

余計に酷い目にあってしまいました。

のたうち回るような苦しみに遭ってしまったようです。

『吐く』ことも『下痢』も人間にとって体を治すために必要で起こっています。

悪いものを外に出してくれているのです。

ウイルスに感染すれば、それを死滅させるために免疫組織が頑張ってくれます。

しかし、戦うことも体を疲弊させてしまうので、出せるものは出そうとするのです。

その典型的な現象が『嘔吐』や『下痢』なのです。

それを薬で抑えてしまったらどうなるでしょう。「ウイルスに繁殖してくれ」と言っているようなものです。

苦しむのは当たり前かもしれません。

西洋医学はほとんどが対処療法です。

吐き気や下痢などの現象自体を抑えるのが得意です。

しかし、なぜその現象が起きているのかを考えないで薬に頼るのは危険ではないでしょうか?

2010/02/22 成長

阿部剛久です。

子供の成長ってうれしいものですね。

先日、6歳の次男と3歳の三男と公園に行った時、鬼ごっこと言うか、二人に私が追いかけられていました。

気が付くと逃げるのは案外大変なんですね。

三男はけっこう足も速そうでチャレンジ精神旺盛なんですが、次男はドタバタ走りで鈍そうに思っていました。

私も運動神経が良い方ではないので子供に期待することは無いんですが、その日は次男の足が速いんです。

ビックリするほど速くなっているんです。

走り方もかっこ良くなっていました。

「ずいぶん足が速くなったね、誰かに走り方を教えてもらったの?」と聞くと

「パパに教えてもらった。」と次男。

「え?パパ?」

「うん」  

そう言えば、前にあんまりドタバタ走っているので

「足を前に出して、後ろに蹴るようにするといいよ。」と言った事がありました。

ちゃんと覚えていてそれを意識して走ってくれてたんだな、と思いうれしくなりました。

なんかうれしいんですよね。

ボディブローで効いてくるというか。

誰かに言いたいような・・。

2010/02/19 プチ断食 復食の日

阿部剛久です。

今日はプチ断食2日目の復食の日です。

朝はすっきり目覚められて断食をしていることを忘れそうなくらいでした。

昨日の夜はお風呂から出た後、ちょっとイライラ感があって、娘を怒鳴ってしまうことがありました。

お昼にかけそばを食べました。

かけそばってつゆに蕎麦しか入ってないんですね。

ちょっとだけ「一杯のかけそば」の話が出来たのがわかる気がしました。

夕方、斉藤さんが有機の野菜でけんちん汁を作ってくれました。 

「あーおいしいー」と思わず言ってしまうほど、にんじん、大根、れんこん、里芋、ごぼう、そしてお汁と

じっくり一つ一つ味わって食べさせていただきました。

そう、「食べさせていただく」って言う言葉がぴったりだと思いました。

2010/02/18 ビューティーヘルスエンザイムでプチ断食

阿部剛久です。

今日から<ビューティーヘルスエンザイム>のプチ断食です。

今日からと言っても2デープログラムと言って、1日目は食べず、

2日目に補食としてお味噌汁やおそばかお粥を食べれます。

定期的にエンザイムの酵素ドリンクを飲むと空腹感が起きません。

昨日の夜からポトフを軽く食べるだけにしてエンザイムを飲んだのですが

寝ようとすると早くも身体がなんか変な感じになり、ちょっと眠れませんでした。

僕は断食とかの影響が出やすいようで、前にりんごダイエットをした時は

頭痛と、身体に力が入らなくてひどい目にあいました。

今のところ、ファミレスの事や食べ物の事が頭をよぎることもありますが、ぜんぜん楽です。

2010/02/18 会社の2階と身体のエネルギー

阿部剛久です。

感謝の集いの後に、本物研究所の山口さんに<波動アストレア>による身体のエネルギーチェックをしてもらいました。

4人でそれぞれ身体の気になる所を言って測定してもらいました。

正昭はアキレス腱を切った後の足周り、斉藤は腎臓、背中や目、隆は胃や目、僕は腰や胃の辺り。

でも4人とも特にエネルギーが下っている所は見つかりませんでした。

隆が前に見てもらった時はエネルギーが下っている所が結構あったようです。

一緒にいた何人かもみんなエネルギーが低い所があったようです。

この結果をみて隆が「今回の感謝の集いがうまくいったのと、ここの場がいいから

エネルギーが高いんじゃないのかな」と言っていました。

確かにここ、改装した会社の2階に居ると本当に気分がいいんです。

<波動アストレア>では、<言霊>を入れて身体のエネルギーの変化を見ることができたり、

四魂の窓による自分の使命もわかってびっくりしたり、楽しむことができました。

2010/02/14 腸

阿部隆です。

最近、体温と病気の関係が言われるようになってきました。

体温を意識していると結構意外な事に気づきます。

思い付いた時に体温計を取り出して計ります。

37度あることが以外と多いのに気づきました。

全く体調は良いにもかかわらずです。

私はあまり熱は出ない方だと思っていました。

風邪をひいてかなり具合が悪いのに、熱を計ると36度8分しか無いといった感じです。

自分が37度以上ある時はかなり悪い時だと思っていたのです。

ところが体調が良いのに熱を計ってみると37度あることが多いのです。

子供のころから「熱が37度を超えたらどこかおかしいのだから気を付けろ!」と

思いこまされてきたのかもしれません。

体温を意識していると、むしろ35度台など体温が低い時が要注意のような気がします。

なにか病気になる前触れで体温が下がっているのです。

新潟大学の阿保徹先生は「すべての病気は代謝異常から起こる」と言っています。

低体温ということは代謝異常なのです。

感染症でないかぎり体温は高めの方が良いようです。

私は通勤の片道3kmを徒歩で往復しているので、それだけでも体温上昇につながったようです。

一番大事な事は腸内環境を良くすることです。

善玉菌を優勢にするということです。

2010/02/08 ノロウィルスとの壮絶な闘い

阿部剛久です。

この冬は家族みんなインフルエンザにもかからず(一人は軽く罹りました)

このまま平和に終れるかなと思っていました。

ところが先日、4歳の三男が夜中に何度ももどしました。

次の日、幼稚園は休ませたのですが、昼間は38.5分くらいになったようです。

また次の日は6歳の次男(インフルエンザに罹った子)が熱と共にもどしました。

そしてまた次の日の昼ごろ、今度は9歳の長男の学校の先生から

「具合が悪いので迎えに来てください」と電話があり、僕が迎えに行きました。

その頃から僕もなんとなく気持ちが悪くなりだしていました。

気のせいかなとも思ったのですが、夕方には気持ち悪さが限界になってきて

その日に行かなければならなかったお客さんの所から帰ってきて、5時頃うちに帰らせてもらいました。

帰ると長女も吐き気がして、妻も節々が痛いと言うので心配だったのですが

三男も次男も1〜2日で治っていたので、とにかく自分の事を考えました。

2階にバケツを持って上がってすぐに寝ようとしたのですが、気持ち悪くて寝れません。

寝てもすぐに気持ち悪いのと苦しさでさめてしまいます。

そうとううなされているように声をあげていたと思います。

声を出さないと苦しいのです。

3時間くらい寝られたでしょうか、まだ気持ち悪いような感じは残っているのですが

「壮絶な闘い」は山を越したような気がしました。

《月のしずく》を少しと《カリカセラピ》を1包飲みました。

気持ち悪さは残っていてもカリカがほしくて、そしておいしかったのです。

次の日は、2件のお客さんの所に行かなければならないので、行けるか不安だったのですが、

もう一闘いあってなんとか起きて行けました。(ごめんなさい、うつらなかったかな・・   )

短い時間でしたけど自分的には壮絶な闘いでした。

病院に行かないのではっきりとはわかりませんが「ノロウィルス」おそるべし・・。

でもずっと一緒に居る次女は結局、全然平気でした。

ちょっとした生活習慣やストレス具合で、発症するかしないか微妙なんじゃないかと思いました。

そして妻は節々が痛くて寒気がしていたのですが「よし、お風呂で温まろう」と思ったらしいのです。

案の定、温まると全然元気なったようです。

妻が丈夫なのと、健康と、病気と闘える身体にあらためて感謝しました。

そしてこんな短期間ではなく、長く闘病されている方たちの大変さを意識し、

「みんな元気になればいいな」と思いました。

2010/02/04 まめまき

阿部剛久です。

「泣いた赤鬼」ってお話、知っていますか。

赤鬼は「人間と仲良くなりたいんだ」と友達の青鬼に相談します。

青鬼は赤鬼の為に自分が人間に悪さをする役をかって、赤鬼がそれを止めさせると言う芝居を打ちます。

赤鬼は認められて人間と仲良くなれ大喜び。

青鬼の家にお礼を言いに行くと

 「赤くんへ。僕がここに居て会っていると赤くんに迷惑がかかるから村を出ます」

と貼り紙が貼ってありました。

青くんのやさしさと大切なものを失ってしまった事で赤鬼は大泣きするというお話。

昨日は節分、家族で『まめまき』をしました。

今朝、通勤の時に庭や道に落ちている豆を見て思いました。

「もしかしたら、青くんがスズメや野鳥の為に悪さをしている振りをして、

人間に豆撒きをさせているのかもしれないな。」

人知れず、青鬼さんが裏でいろんな活躍をしてると思うとなんだか楽しい気分になりました。

ちなみに、今年の豆撒きは「ふくはーうち」とだけ発声しました。

2020/01/30 感動とむなしさ

阿部隆です。

私のところでは、毎月開催するイベントで、必ず何かしらの『感動ムービー』を流すことにしています。

そのムービーを探すためにいくつもの『感動ムービー』を見ました。

さすがに感動するものがたくさんありました。

その時に気づいたのですが、『感動するお話』にはなぜか別れなどの『空しさ』や

『切なさ』も付きまといます。

感動とは成長だと思っているのですが、人間の魂が成長するためには

どうしても辛い事が必要なのかもしれません。

そのご褒美として感動があるのではないでしょうか?

2010/01/21 野良猫はかすがい

阿部剛久です。

ちょっとこきたなくて、頭が大きくて体とのバランスがわるい野良猫がうろつきだしました。

その猫は、ドアを開けるたびに足の間をすり抜けて、会社の中に入ってこようとします。

すごい執念です。

会社にはすでに居候猫(なつ)がいるので入れるわけにはいかず、出入りするのも一苦労でした。


ある日、会社の前で様子を伺っていたその猫が、突然ひょこひょこと誰かについて行きます。

ついていったその人は猫嫌い、鳥嫌いらしかった近所のおばさんです。

前に、ちょっと古くなってしまった米があったので、会社の前に蒔いてスズメ達に食べさせていた事がありました。

何日かそれを続けていると、その近所のおばさんに

「鳥に餌をあげないでください。

公園やお寺でもハトに餌をあげないでっていうのは常識です。」

と怒られてしまいました。

その他にも、猫や鳥の鳴き声がうるさい時にエアガンでおっぱらっている事があったのです。


「あの猫、あのおばさんについて行っちゃったよ」

と心配して見ていた僕は次の瞬間、目を疑いました。

なんとその猫を家に連れて行き、餌をあげているではありませんか。

あの猫はやったのです。

執念で餌をくれる人、面倒を見てくれる人を見つけたのです。

あの猫のおかげで近所付合いも出来るようになりそうです。

野良猫に計り知れないパワーを感じました。

『ありがとう』

以前、その近所の人のベランダは黒っぽい干し物ばかりでした。

今日、ふと見ると干し物がカラフルだったのです。

2010/01/17 古い物のすばらしさ

阿部隆です。

最近、古い物に良さを感じるようになってきてしまいました。

無垢の床材を使った部屋のリフォームでは、最初はその新しさが眩しく、落ち着かない感じがしてしまいます。

歳を取ったのかと心配になるほどです。

何十年も前にいただいたパーカーのボールペンのインクが無くなってしまいました。

東武デパートで850円も出して替えのインクを買ってきてしまいました。

字を書くことが大嫌いな私がこんなことをするのも、心の変化の表れだと思います。

インクが無くなってなおさら愛着が沸いてきました。

先日ビデオカメラのディスクを買いに行きました。

ヤマダ電機の店員さんが親切に

「4年前のビデオカメラだと、今のDVDディスクは使えないかもしれませんよ。」 

と教えてくれました。

4年前というと長いような気もしますが、私にしてみれば、ついこの前買ったような気がしています。

どんどん製品が進化しているということでしょうが、本当にそうなのかと疑問に思います。

高いお金を出して買ったものが数年で使えなくなってしまうというのは、

使う者にとって本当に便利だと言えるのでしょうか?

2010/01/10 本物のすばらしさ

阿部隆です。

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

昨日は 『第5回感謝の集い』 を無事終了することができました。

狭い会場ですが、入りきれない位大勢の方がいらしてくれました。

ご来場していただいた方に心から感謝いたします。

今回は『サンラメラ』の開発者である松尾様に、「サンラメラの開発に当たってのご苦労話」などの

お話をしていただきました。

私達は、イベントで直接商品を買っていただこうとは考えておりません。

私達の考えを解っていただく事と、普段お世話になっているお客様への感謝をお伝えすることです。

もちろん買っていただければ有難いのは言うまでもありませんが。

サンラメラは私の最も好きな商品で、この商売をやっていなくても絶対に買っただろうと思います。

本物とはすごいもので、去年から4台も買っていただいているお客様がいるほどです。

これには私も驚いています。

自分が大好きな商品をお客様にお伝えして行くことが仕事であるということに、とても感謝しております。

Copyright© 2014 honmononoyakata.com All rights reserved.

ページトップへ