本当の健康・安心を求める方にカリカセラピなどの
本物商品を通信販売・お取り寄せ

Amazon Pay
楽天ID決済

 

2014/05/31 横隔膜の上下運動

阿部隆です。



4年半で65kgやせた人の記事が出ていました。

とにかく歩き続けて、膝が炎症を起こして毎晩火傷のように痛かったのに、それでも歩き続けたそうです。

それが痩せる原因の一番なのでしょうが他にもやっています。

 1口20回かむ 
 ∧八分目 
 寝る8時間前には食べない
 た叱撞

 とあります。



よく「30回噛め」と言います。

やってみるとなかなかできません。

普段早食いの癖がついている私は顎が疲れて続きません。

しかし、20回ならできるかもしれません。



腹八分目は、歳を取ってから解るような気がしてきました。

『寝る8時間前には食べない』ってすごいですよね。

私は娘を早く寝させるために最近は10時には寝ています。

そうすると、お昼の2時以降は食べないということです。

その代り、この人は何でも好きな物を食べたそうです。

それは嬉しいことです。

できるような気がしてきます。




た叱撞曚箸△蠅泙垢、何でやせる事と関係あるのかと思いませんか?

「これ以上吸えないところまで吸い切って、それからもうこれ以上吐けないところまで吐ききる」そうです。

横隔膜を上下に動かすことが大切であると言われるようになってきました。

息を吐くと、横隔膜が上に引っ張られ、息を吸うと横隔膜が下に引っ張られます。

横隔膜が上下に大きく動かされることによって、体の中心部の血流が良くなり代謝があがります。

代謝が上がるのだから痩せる身体になるということです。




肥田式強健術では、「胸式呼吸と腹式呼吸を繰り返す事によりこの横隔膜を柔らかくしろ!」と教えられました。

そのすばらしさが最近ようやく解ってたところです。

ましてや痩せられるのであればなおさらです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

Copyright© 2014 honmononoyakata.com All rights reserved.

ページトップへ