本当の健康・安心を求める方にカリカセラピなどの
本物商品を通信販売・お取り寄せ

Amazon Pay
楽天ID決済

 

2015/06/27 本物

阿部隆です。


テレビにチューブの前田さんが出ていました。

歳もとったし、太ってしまったので誰だか解りません。
歌がかかって思い出しました。あのすばらしい歌声はほとんど衰えていませんね。
この人の才能は声なんでしょうね。

人を引き付ける歌声には普通の人には無い特殊な波長の周波数があるそうです。
この人はまさにそれだろうな〜と思います。


デビュー30周年だそうです。遅い時間だったのですが懐かしく見てしまいました。

元サッカー選手の前園さんとの対談です。

◆前園
私達スポーツ選手には前田さんの歌を聴いて危機を乗り越えたという人がたくさんいますが、前田さんにもスポーツ選手から何かを得るという事はあるんですか?

◆前田
もちろんたくさんある。僕の場合は今がんがん活躍している選手よりも、体力が衰えてきても必死に頑張っている選手から感動や勇気をもらうことが多い。
自分も歳を取ったからかもね。


30年も解散しないで続けているバンドもめずらしいですよね。
二人の会話を聞いていてその理由もなんとなくわかります。

名誉やお金が目的じゃないんですね。

『自分の才能を一生かかって磨き上げ、そこから何かを誰かに与え続ける』


本物と言われる一流の人の心が少し解ったような気がしました。

2015/06/13 久しぶりのお酒 

阿部隆です。


久しぶりみお酒を飲みました。
飲みましたというよりも飲んでしまいました。
アルコールはまったくと言っていいほど駄目です。飲むと真っ赤になって30分後トイレに直行です。

ある懇親会で、最初の乾杯だけという事で少しだけビールをついでもらいました。

なぜかおいしそうに思えたので少しだけ飲んでみたのですが、やはりあまりおいしくありません。

ウーロン茶を飲むことにしたのですが、なぜかジュースのようなものが飲みたくなりました。


廻りを見てみると隣のテーブルにゆずジュースの瓶が置いてありました。

「やった!」と思って、さっそくもらって来て栓を開けました。

喉が渇いていたので、一気に飲んでしまいました。するとなぜかあまりおいしくおりません。

「炭酸がきついからかな〜」と、アルコール入りに気付かないでもう一度、思い切って飲んでしまいました。

すると、顔がほてり、心臓が早鐘のよになり出し、ようやくアルコール入りに気付いたのです。


「これはまずいっ!」
今までだったら間違いなく気持ち悪くなるパターンです。

ところが5分くらいすると、ドキドキが治まってきました。


しかし、その後、再びウーロン茶とビールを間違えて飲んでしまったのです。

すると、再び動悸が始まり、少しふらついてきて、なんとなく気持ち悪くなってきました。


帰り際だったので、「途中、電車降りるようになるだろうな〜」と思い、連れの人に

「先に帰ってて下さい」という言葉まで考えていました。

ところが最寄駅に着くころには完全に治っていました。


カリカが思い浮かびました。

もしかしたら肝臓に影響し、アルコールにも少し耐えられるようになったのかな〜と、勝手に考えてます。

あまりお酒に弱いのも肝臓に問題があるのかもしれないですよね。

2015/05/30 成長

阿部隆です。



『地域や家庭の環境による不条理に苦しんでいる子どもに対して最高の教育を提供していこう』 
をコンセプトとするNPO法人ティーチ・フォー・アメリカが、グーグルを抜いて人気就職ランキング第一位になった理由


ティーチ・フォー・ジャパン代表理事松田悠介氏は言います。

「優秀な学生たちは自分がもっとも成長できる場を求めている」


「人間は魂を成長させるためにこの世に生まれて来る」と聞いたことがあります。

この世の価値観はお金や、地位や、人の評価です。

ということはこの世の価値観を超えた価値観を持った若者が多くなってきているという事でしょうか?


若いころ、そのような高貴な価値観をまったく持っていなかった私ですが、この歳になってくると、ほんの少し解ってきたような気がします。

ただ、「成長するために生まれてきた」というと、まだぴんと来せん。

気付く」と置き換えると解りやすい感じがします。

今までまったく気付かなかった事に、ふっと気付たとき、なぜか
とても嬉しくなります。

2015/05/23 きつい売り込み

子供の日に昇仙峡に行きました。混雑を覚悟していましたが拍子抜けするほどすいていました。


ここには30年ほど前にも来ていますが、若いころは自然の有難さが解らなかったのかほとんど覚えていません。

これほど大自然が残っている場所は久しぶりです。
ゴールデンウィークだというのにそれほど観光客もいないし、
エネルギーが充電できたような感覚です。

とてつもなく大きく豪快な岩が方々に落ちていてその景色には圧倒されます。


場はとても良かったです・・・。

が、お店の人などは、良い印象はありませんでした。


「この先、車では行けませんよ!」と役場の人のような振る舞いで近づいて来たのがお土産屋さんの勧誘だったり、

「神社までは数時間も歩くようになるから、自分が良い場所まで
載せて行く。」と言って高いお金を要求したり・・・

落ち着いて自然を楽しめません。

食べて行くために商売に貪欲なのは仕方ありません。


しかし、それはまだ良い方です。

お店によっては、明るいうちから締めてしまったり、店を開けていても奥のほうに座っています。

そして店先に綺麗な水晶が並べてあったので、子供たちが
「わー綺麗!」と近づいて行くと、奥からすっ飛んできて、『さわるな!』とばかりに睨みつけます。

この人たちは商品を売る気があるのでしょうか?


・・・自然というすばらしい財産を持っていても、そこに暮す人達に魅力がなければ宝の持ち腐れだな〜・・・

やはり大切なのは人間だなと思いました。

このすばらしい自然があって、接する人が親切だったら、何度でも行きますよね〜。

2015/05/16 羽生名人

阿部隆です。



ある雑誌に将棋の羽生さんの記事が出ていました。

「子供のころ気楽な気持ちでプロを目指しました。でも、その時こんなに厳しい競争の世界だと知っていたらこの世界に入らなかったかもしれません」

私は将棋の事はよく解りませんが、羽生さんといったら誰でも知っているスーパースターじゃないですか。そんな人でもそこまで苦しんでいるのか?と・・・そんな人だからこそかもしれませんが。


失礼かもしれませんが、なぜか嬉しくなってしまいました。

羽生さんは「将棋の世界に入らなければ良かった」と言っているのではありません。

逆に、「へたなマイナスの情報を得ていたら今の自分はなかったかもしれない」と言っています。


言い方を変えれば、情熱がリスクを上回っていたという事じゃないですか。

子供は特に大好きなことをやるためには危険を顧みません。

大人になるに従ってリスクばかりを考えるようになってしまいます。


マイナスの情報ばかりが飛び交う現在。やはり大好きなことって重要ですよね!

2015/05/09 ぼけ

阿部隆です。


「私は申し込んでいませんねぇ」


私達は一般の人に、住まいの最低限の知識を身につけてもらうということで、年に2回ほど、有料の勉強会を開催しております。

開催日から1ヵ月ほど前にお申込みをただいていた年配のご婦がいたのですが、初日の入学式の日にみえませんでした。

電話してみると、ご主人が出ました。マイホーム教室に申込みされている件を伝えると、
「私は申し込んでいませんねぇ。家内かな?でも今日は横浜に行ってますよ。」

「そうですか〜?」

「いや!もしかしたら忘れてしまったのかもしれません。家内が帰ってきたら聞いてみます。」


最近、このような事がよくあります。

高齢化社会の到来!というようなことを世の中は10年以上前から言っていますが、最近実感してきました。

車で走っていると、やたらと老人が多くなったことを明らかに実感します。

近所に90歳を超えながら、まったくお元気で、ご自分の経験など楽しいお話をよくしてくれる方がいます。

高齢になっても、元気であればよいのですが、なかなかそうは行きません。痴呆になったりすると廻りの人も参ってしまいます。

痴呆の介護をしていた相方が先に病気で亡くなるということも少なくないようです。

直面した人は最も健康の大切さを感じているでしょうが、その姿を廻りでみている人も健康の有難さを感じるのではないでしょうか。


ボケないためには?

健康を意識した仕事をしてきて、私なりに感じていることは、腸を大切にすることです。

腸内を善玉菌でいっぱいにする事ではないでしょうか?

歳をとって体調が悪くなると、病院に行き、薬を出され、そのうち薬漬けになります。

薬は腸内細菌を殺し、どんどん腸内環境を悪くします。

スーパーなどの加工食品にも添加物がたくさん入り、これも腸内環境を悪化させます。

とにかく現在は腸内細菌にとっては迷惑なものばかりです。

意識して腸内環境を整えたいものです。

2015/04/25 イザという時

阿部隆です。



放射線治療後からEM・X GOLDを飲んでおられるお客様がいます。

「これを飲んでいると、元気になります。廻りからも、『顔色もずいぶん良くなったね!』 と言われるんです。」

毎月、遠くから買いに来ていただいていました。


ところが、ここ数カ月、買いに来てくれません。

再発してしまったのか・・・

気にかかり、電話をしてみました。

「まだ、GOLD 3本くらいあるんです。」

「飲むのやめちゃってるんですか?」

「イザという時に飲むんです。」

そのように考えている人って結構いるんです。イザという時とはいつなんでしょうか?


私は今こそイザという時だと思っています。

手術や放射線での退院は病気が治ったという事ではありません。

それからが再発するか、しないかの勝負です。

西洋医学での放射線治療や抗がん剤による治療を迷われる方もいますが、受けてしまった以上は、後は自分の免疫を高めるだけです。

「カリカセラピ」にしても「EM・X GOLD」にしても高額です。

しかし、再発してしまったら大変です。

命の大切さを感じた時、その時こそイザという時ではないかと思
います。  )^o^(

2015/04/18 古い床屋さん

阿部隆です。


転居する前に行っていた床屋に行こうと自転車で向かいました。

なぜその店に行っていたかというと、最近流行りの1,000円のお店なんです。

安い! というのもあるのですが、私は長い間、椅子に座ってじっとしているのが苦手です。

QB(キュービー)などの1,000円のお店は15分位で終わってしまいます。

自転車でも15分以上かかるのですが、近くにはないのでそこまで行きました。

歩道に乗ったり下りたりでガタガタガタガタ、自転車での長い距離は結構大変ですね。

ところが、やっと着いたと思ったらまだやっていないじゃないですか。

待っているのはきらいなので、他の床屋さんを探しながら帰る事にしました。



桜台を走っていると歩道に床屋さんの看板が、確か1,800円と出ていました。

また来るのは面倒なのでそこに決めました。

入ってみると、匂いというかなんというか雰囲気が昔の床屋さんなんです。

タイムスリップしたような感覚です。子供のころの記憶が一瞬で蘇ります。

ご主人は年配で、おじいちゃんと言っていいと思います。

感じはとてもよく、とても親切でした。


最近、よく思います。(昔から変わらないものっていいな〜)と。

昔は自宅兼店舗で夫婦でやっているような床屋さんいっぱいありましたよね。

今ではチェーン店などに変わってほとんど無くなってしまいました。なんか淋しいですよね。

最近の床屋さんて安くて、早くて良いのですがなぜかつまらないです。

1,000円だから行きますけど、逆に高かったら行かないでしょうね。



ここのご主人は一人でやっていました。もしかしたら奥さんは亡くなってしまったのかもしれません。

それ以来そのお店には行っていませんが近くにあったらいつもそこでやってもらうだろうと思いました。


サービスが同じであればほとんどの人は安いほうのお店に行きます。

しかし、親切で感じが良く、お店がきれいであれば古くて、歴史のあるものは、見かけの安さや、デザインに決して負けないだろう・・・とても勉強になりました。

2015/04/11 小さな気配り

練馬区の歩道?・・・は狭いんです。狭い上に電柱が立っているから二人の人間がすれ違えません。


歩道を歩いていると、前から太目の女性が歩いてきました。
電柱があって、とてもすれ違えません。止まって待っていました。

一人だけならこの女性もなんなく通り抜けることができたのですが、その後です。
無意識に私は、「一言くらいあるだろう」と考えていました。

「当然だ!」と言う顔で、私の前を何も言わず通り過ぎて行きました。

別にお礼を期待して譲ったのではありませんが、何となく損をしたような気分です。

『江戸しぐさ』で、・・・気持ちだけでも少しずれて席をあける・・・というのがありましたが、その気配りだけでも人って嬉しいもんですよね。


逆に得をしたような気分も体験しました。

車を運転していて、路地の交差点に差し掛かりました。
私が走っている通りを渡ろうとしている小さな自転車がありました。幼稚園か1年生位の子でしょうか?

私は危険なので交差点の前で止まりました。すると、「どうぞ!」という声が聞こえたような気がしたのです。

私の助手席に乗っていた人も聞こえたらしく、窓際に体を乗り出してきました。

「どうぞ!どうぞ!」

間違いなく、手を私達の進行方向に向けて「お先にどうぞ!」
と言っているではありませんか。
私達はおじぎをして先に行かせていただきました。

同上の人が、
「ああいう子には何かプレゼントしたくなりますね!」

私は、その言葉を聞いて、

「この人とは気が合うな〜」

2度、嬉しくなりました。


TAKA

2015/03/28 ドバイ

石田和康さんという新興国の投資情報に詳しい人がいます。

石田さんのドバイという国についてのお話です。

産油国に囲まれながら、自分の国はいくら掘っても石油が出ない。
お金をいくら使っても石油が出ないのだから国は貧乏で潰れそうでした。

前首長が「もう石油に頼るのはやめて、違う方法で豊かになろう!」と言って、破天荒な戦略打ち立てました。
今では、ドバイはとてつもなく豊の国に変身しました。

そんな国のお金持ち達は日本の物が大好きのようです。
例えば、鳥取の砂丘スイカは1個 50,000円という値段がつくそうです。また、山形牛は200g 3万〜5万円、有田焼の陶器に入れたドレッシングが10万円だそうです。

石田さんは日本で、
「何とかしたい錦鯉があるがドバイでなんとかならないか?」
と言われました。さっそく有望なルートに打診すると、
「いくらだ!」 と返事が返ってきたので、10万円くらいなら売れるかもしれないと考え、「10万だ!」と言ったそうです。
すると、「OK!」という返事が返ってきました。

後日、1,000万のお金が振り込まれていました。相手は10万ドルだと思っていたのです。アジアの超お金持ちは日本の物が大好きのようです。

アベノミクスは日本を駄目にしてしまう不安がありましたが、結果オーライで、日本の良さが伝わった今では経済は良くなるかもしれませんね。

TAKA




2015/03/21  相手の気持ちになる

お昼を食べていると、母親から携帯に電話がありました。


「胃の辺りが痛くてどうにもならない!」 ということです。至急、実家に向かいました。

部屋に入ると、母親はコタツにうずくまって、質問してもうなずくのがやっとの状態でした。

「この痛みではすぐに診てもらわないと可愛そう」ということで、車に乗せて、近くの大病院の救急に連れて行きました。

病院というのは大忙しで、救急といえども順番待ちです。いろいろと書類を書かされたり、結局一時間くらい待たされたでしょうか?

この病院は若い先生や看護師さんが多く、なぜか小さい人が多いんですね。

ERにたくさん集まってくると、失礼なんですがキッザニアの風景を思い出してしまいました。

看護師さんを始め親切な人が多いのに驚きました。

忙しくていつも小走りです。にもかかわらずちょこちょこ声をかけてくれる看護師さんがいました。

患者だけでなく私達家族に対してもそうなんです。

病院は英語でホスピタルと言いますがホスピタリティーの意味が解ったような気がします。

自分は忙しくて仕方がないのにわざわざ仕事を増やしてまで声をかける。
その人間としての器の大きさには感動してしまいました。

苦しかったり、不安でいる患者側にとってはそれ以上に有難い行為はないかもしれません。

ベテランでどんなに仕事ができても相手の気持ちを考えて行動しなければ、その価値は低いのかもしれません。

今、世の中に求められる能力は、そのようなホスピタリティーの能力ですよね。私達商人こそ見習わなければなりません。


2015/03/18 安心な商品とは?

娘はリラックマというキャラクターが好きです。可愛いが、少しダラケテいる熊のぬいぐるみのキャラクターです。


家には、そのキャラクターが描かれているヤカンがあります。クレーンゲームで取ったのですが、製造が日本ではなく、○○製です。・・・心配でした。

火にかけてみると何か化学物質のような臭いがします。しかし、肝心な内側はステンレスなので大丈夫だろうと使っていたのですが、しばらくして原因が解りました。

外側のキャラクターの絵の塗料が、熱で溶けだしていたのです。ヤカンであればかなりの高温になるのは当然、解っているはずです。にもかかわらず、そのような塗装を平気でする製造者にはあきれます。

以前、ローソンで販売されているマグカップでも回収騒動がありました。人の口に入るものだったら危険ですよね。

「日本の製品は信頼ができる」 と世界ではかなり思われいるようですが、その信頼できない製品を信頼できないところで作らせているのは日本の企業です。

儲けばかりを追求して今の世の中、国内で売られている製品も信頼できませんね。


TAKA

2015/02/28 波動

天皇祭祀を司っていた伯家神道秘儀継承者であり、『波動』の第一人者と言われる七沢賢治さん。


3月の感謝の集いはその七沢賢治さんの会社であるロゴストロン株式会社から石原政樹さんに来ていただきます。

主に言霊についてのお話になると思います。


私は波動などというものには全く疎いのですが、信じていない訳ではありません。

今の科学では解明できない世界がある事は間違いないと思っています。最近は『言霊』の力というのも感じるようになってきたので興味が出てきました。


天才外科医と言われながら現代医療に限界を感じ、気功や波動などを取り入れた治療を行っている矢山利彦先生おいうお医者さんがいます。

その先生が教える『六大三密瞑想法』というのを練習しています。
まだ全体を覚えてもいないのですが前半の部分をやるだけでもなんとなく気持ちが良くなります。

矢山先生はこの瞑想法の訓練の過程で
「左手でも右手と同じように文字が書けるようになった」
とおっしゃっています。

瞑想など、現在では非科学的だと思われている世界にこそ人間を別の次元に運んでしまうような力があるのではないかと感じています。


TAKA

2015/02/27 純粋である事

阿部隆です。



なぜか?朝の喫茶店が好きでよくモーニングに行きます。

すると、まだ社会人になったばかりの若い女の子がお水を持ってきてくれます。

注文の取り方もぎこちなく、要領も悪いのですが、何だか得したような気分になる時があります。

別に変態おやじではないですよ。

この歳になると純粋さに刺激されてしまうようです。


純粋な気持ちで一生懸命やっている姿を見ていると、心を打たれます。

自分に純粋な心が無くなってしまっているからですかね。

逆に、仕事はできるが慇懃無礼な人が来ると損をしたような気になってしまうのは私だけでしょうか?

2015/02/14 神様との約束

阿部隆です。


斉藤ひとりさんの愛弟子の一人である真崎真一さんにお聞きした、ひとりさんの言葉です。

・・・  生まれる時に人は皆、神様と二つの約束をしている。

   1 楽しく生きること   2 人に優しくすること   ・・・


それが本当だとしたら人生ってすばらしいな〜と思いました。

楽しく生きて良いということは楽しいことですよね! 
どこかで人は 「楽しんでいいのか?」と思っていたりします。
少なくとも私はそんなふうに思ってしまったりします。

人に優しくすることも楽しい事ですよね。
他人に冷たくして嫌われる方が好きだという人はいないと思います。
しかも、神様との約束です。守らないより守った方が良いに決まっています。

斉藤ひとりさんのお話は「ツキが良くなるため」のお話が多いようです。
という事は、この「神様との約束を守ること」もツキが良くなる事に違いありません。

『嬉しい事をし人生のツキが良くなる』

すばらしいですね・・・・・

2015/01/31 駄菓子屋

阿部隆です。


普段、歩かない道を歩いていると、なんと『駄菓子屋』さんが出てきました。

小さな住宅の1Fをお店にしたようで、とても商売がなりたっているとは思えません。
でも、なんとなく嬉しくなりました。

今ではほとんどありませんが、私が子供のころは住宅地の中にぽつんとそのようなお店を発見することがありました。
見つけると宝物を探し当てたように喜んだものです。

そんな事を思い出したのか、とても懐かしかったのです。

娘も一回30円のくじを何回かやって、「また来たい!」と喜んでいました。



最近は駄菓子屋のチェーン店ができてサンシャインなどにもありますよね。

くじが無いんですよね。子供はくじがあるから楽しいんです。解ってないですね。

本当は解っているのかもしれません。
効率よく儲からないものはやらない世の中ですから・・・

2015/01/27 勉強

阿部隆です。



最近の小学生の子供達を見ていると、習い事の多さにびっくりします。
学校で6時間も勉強して、宿題を出されて、それ以外に塾に行く。
それでは友達と遊ぶ時間などあるはずがありません。


ある男の子は「家に帰ると勉強ばかりで遊びに行ったことがない」と言っていたそうです。

自分が好きでやっているのなら良いのですが、そうでないなら私には虐待としか思えません。

親はもちろんその子の将来のためにと思ってやっているのでしょうが・・・どうでしょうか?


テレビで、3人の子供をすべて東大に行かせたという母親が言っていました。

「勉強をしろと言ったことは一度もありません。子供達は家では勉強をあまりせず、自分からやるようになったのは中学生になってからです。

ただ、小さいころは、休みの日はできるだけ自然のあるところに連れて行って遊ばせました。」

「そのような優秀な子は別だ!」
と言う声が聞こえてきそうですが、なんらかのヒントはあるのではないでしょうか。

2015/01/17 インフルエンザ

阿部隆です。


インフルエンザの季節がやってきました。猛威を振るい出しているようです。テレビの情報によるとですが・・・。
 「予防注射をうちなさい!」とか言っていますよね。
本当に予防注射したほうが良いのでしょうか? 


娘が幼稚園の時、同じバス停の子が一シーズンに2回インフルエンザにかかったそうです。
不思議な事にその子は予防注射をしていたのです。 

最近、テレビでは 「予防注射をうってもインフルエンザにかかる場合もありますよ。
でも軽くなるんです」 と言っているそうです。 

身近にインフルエンザの人がいても、多くの人はうつりません。
予防注射のおかげで軽くなったかどうかなど解るのでしょうか? 


先日、母のところに妹から電話があったそうです。 
「今年のインフルエンザは怖いらしいよ。脳に来るんだって。
具合悪くなったらすぐに医者にかかりなよ!」 
インフルエンザによる脳症で亡くなった人のことをテレビで見たのだと思います。

どんなことでも、多くの人の中には亡くなってしまう人もいます。
亡くなった人には申し訳ないのですが確率の問題です。 

何千に1人が亡くなったとしても、テレビなどで亡くなった話を聞くと、それがすべてのように感じてしまいます。 

確かにインフルエンザに罹り高熱により脳症になったり、肺炎になったらという心配はあります。
しかし、それが病院に行って薬を飲まなかったからというものではないようです。
 脳症も解熱剤を飲むことによって、おきていると言っている先生もいます。


予防注射にしても薬にしても有効かどうかはっきりしないのであれば、もともと化学物質は身体にとって有害物質なのだから摂らないほうが賢明なのではないでしょうか?

 それよりも、インフルエンザが心配ならばインフルエンザに罹らない身体をつくることが重要です。
 身体を冷やさない、良質な食べ物を心がける、しっかり睡眠をとる、適度な運動をする・・・など。

 今年は 『病気にならない身体をつくる』 ことを目標にしてみませんか・・・・・

2015/06/20 お風呂で溺れる?

阿部隆です。



入浴中の死亡事故は、年々増加傾向にあり、交通事故死よりも多いそうです。
しかも溺死が多い。

お風呂で溺れるのか? 
高齢者で身体が効かないから溺れちゃうのかな〜?悲惨だな〜と思っていました。


ところがどうもそうではないようです。


うちのヨシヒサの体験です。

『ある公衆浴場に行った時のこと。おふろから上がろうとしている年配の男性がいた。

ところがその人はお風呂から上がろうとしているのに、何度もお風呂の中に引きずりこまれてしまう。

これはおかしいと思い手を貸して、出してあげた。

周りに誰もいなかったら溺れてしまっただろう。』

と言っていました。


確かに入浴事故は自宅浴室での発生がほとんどで、人目の多い公衆浴場ではあまり認められないようです。



私にも経験があります。

あるスパに行った時の事です。

いくつもお風呂があるのですが、一つは吹き抜けになっていて天井からは空がみえるようになっていました。

上から冷たい風がどんどん入ってくるので、いくら熱めのお湯に入っていても、のぼせません。

あまり気持ち良いので、30分位? 入っていました。


きりがないので出る事にしたのですが、出た後、めまいがして立っていられません。

自宅だったら大の字に寝るところですが、多くの人がいる場所なので、座って凌ぐしかありませんでした。

20分くらいは駄目でした。立ち上がるとクラクラしてしまうのです。

お風呂で溺れてしまう人達にも、こんなことが起きているのでしょう。

しかもそれが浴槽で、誰も助けてくれなかった大変です。

血圧が下がり、脳が虚血状態になってしまうようです。

対処策として、

・ぬるま湯で長湯しないこと
・浴槽は浅めにすること
・飲酒や食後の入浴は避けること
・入浴中の急激に立ち上がらないこと
・水分を補給する

などだそうです。

こんな事があるという事を知っているだけでも、ある程度最悪の事態は避けられるのではないでしょうか?

Copyright© 2014 honmononoyakata.com All rights reserved.

ページトップへ